news

「すわるパンツ」「いざという時のジャケット」を「日経流通新聞」にご掲載頂きました。

2017.04.19

座った姿勢を考えたパンツ
座っているときの快適さと、スマートフォンや財布の取り出しやすさを追求した。パンツ側面にポケットを2つずつ平行に配置し、さらに中身が重くならない特殊構造を採用。座ったままでも財布などを取り出しやすい。軽くてフォーマルに見えるジャケットも用意。



「すわるパンツ abrAsus」の情報はこちら

「いざという時のジャケット abrAsus」の情報はこちら

「ひらくPCバッグmini」「ひらくPCバッグ」「かわるビジネスリュック」「すわるパンツ」「いざという時のジャケット」を「デジタル達人の超愛用品」にご掲載頂きました。

2017.03.28

デジタルツールの持ち運びに最適な、動く「オフィス」
理詰めで追求された機能の高さが製品性の高さを支えている「開くと内容物が一望できて、まるでオフィスにいるかのように使いやすい」形状すべてが意味を持ってデザインされていることが心地よい。



開いたままで取り出せるペン立て感覚のバッグ
バッグが自立し、ファスナーを開くとペン立てのように中身を取り出せる。



「こだわり」が詰まったリュック
荷物の収納方法と取り出しやすさにこだわったビジネスリュック、横に倒して手持ちのビジネスバッグにもなる。仕事だけでなく旅行やオフの時にも大活躍。



すわるパンツ+いざという時のジャケット 着用しているのもabrAsus製品。
すわるパンツはサイドにポケットがあって座っても邪魔にならない。いざというジャケットはショルダーバッグの状態から展開する。



「薄い財布」を「大人のロードバイク入門」にご掲載頂きました。

2017.02.24

二つ折りなのに財布を忘れたのではないかと勘違いするほど薄くて軽い
熟練の革職人によって作られるこの財布は、二つ折りにしたときに重なる革の枚数が4〜5枚ときわめて少ない。 財布を開くとお札とカード、小銭の各スペースを一望出来るので、中身が取り出しやすい。



「薄い財布 abrAsus」の情報はこちら

「薄い財布」を「日経流通新聞」にご掲載頂きました。

2017.02.22

さらばポケット「パンパン」
紙幣10枚とカード5枚、さらに小銭を入れた状態でも厚さは約13ミリ。二つ折りにしたときにカードと小銭入れが平行になるように配置されている。熟練の職人たちと試行錯誤を繰り返し、強度は保ちつつ重なる革の枚数を5枚までとして薄さを実現した。



「薄い財布 abrAsus」の情報はこちら